TOP RESERVEアイコン.jpg

CONCEPT

一人でこっそり通う「大人の隠れ家」

  • お一人お一人の心と身体の声にしっかりと耳を傾けます。

  • お好きな強さをしっかり把握し、お好みに合わせた絶妙な力加減でほぐします。

  • なりたい自分への目標をしっかり共有し、貴方のペースに合わせて施術及びトレーニングプログラムを進めます。

  • 施術後、トレーニング後は余韻に浸りながらゆったりした時間を過ごしていただけます。

 

木と緑のぬくもりが感じられる店内は、ゴージャスなホテルというより秘密の隠れ家といった雰囲気。一人一人違う生活環境やハリコリの程度、好みなどを伺い、初めての方でも不安なくトリートメントやトレーニングを受けていただけるよう心がけています。


隠れ家のようなプライベート空間で、だれにも邪魔されることなくリラックスして理想の自分を見つけましょう。

 
KOA代表 相澤 葵

代表より

幼少期よりスポーツに親しんできましたがケガに苦しむことも多く、その時に出会ったスポーツトレーナーという職業に憧れて専門学校を卒業、その後はフィットネスクラブやオーストラリアにてトレーナー経験を積み、25歳の時にフィットネスクラブ時代の先輩に誘われ起業、その後は高齢者のリハビリ体操や健康体操、パーソナルトレーニングなどを中心に行ってきました。

30歳の時に結婚、すぐに第一子を出産し、そこから生活環境ががらりと変わりました。
今まで24時間体制で仕事をすることが多かった私は、浅はかにも子供を産んだ後も自分さえ頑張ればすぐ以前の様に仕事ができると思っていたのです。


それがどうでしょう、3倍の時間をかけても今までの半分も仕事が進まない、早朝出勤や残業はできない、夜泣きがひどく夜も2時間と寝かせてもらえない…。
周りを見るとバリバリ仕事をこなしていく同僚や、ちゃんとお母さんをしているママ友…。

私はすべてが中途半端、こんなはずじゃなかったのに!!

と、周囲への妬みと焦りからくるストレスで子供に手を上げる様になりました。
その事で自己嫌悪に陥り、またストレスをためる、そしてまた手が出る・・・・

なんで私ばかり。子供なんて生むんじゃなかった。

周りの気遣いや手助けに気づくことが出来ずに一人でしょい込んで、そんなことすら思い始めていた頃に、保育園の先生に何げなくかけられた言葉を私は今でも忘れることができません。

「お母さん、もしかして今辛いんじゃない?大丈夫??」
「大丈夫、私たちを頼ってくださっていいんですよ。」

 

母親なんだから、「辛い」なんて言ってはいけないと思っていた私は、ふいにかけられたその言葉に何か張り詰めたものが緩んだ気がして涙が止まりませんでした。

今思えばその時の経験が、人を癒し、応援する仕事がしたいと思ったきっかけだったのだと思います。


辛いときに辛いといえる場所
大丈夫だよと一緒に泣いてくれる人
また明日も頑張ろうと思えるきっかけを作ってくれる場所
それがあれば人は頑張れる!
かつて私の心を救ってくれた先生の様に私も誰かのそんな存在になりたい。そう思ってこのサロンを作りました。

KOAは頑張る全ての女性を応援しています。
背中を押してほしいときには思いっきり押しましょう!
何も言わず癒してほしいときには全身を包んでハグしましょう。
話を聞いてほしいときにはとことん話してください。
そして、目標が明確になった時には全力で応援させていただきます。


ぜひ一度、癒されにいらしてください。